プロミスの審査時間

最短30分程度の審査時間で融資限度額までの審査が終了

300×250

プロミスの審査は最短30分と早いことで定評があります。これは申込者に金融事故情報がないかを個人信用情報機関に問い合わせ、その情報を元に多くのノウハウを持った審査部が素早い診断を下すからです。

 

Web経由の申し込みでは、免許証など本人情報確認書類も写真をメールで送付すればいいため、パソコンや携帯・スマホの操作だけで申し込みから審査まで一歩も動かず完了することができます。また、審査通過後であれば、その直後から無人契約機でカード発行が可能になるか、または手続きが終了した時間が早ければ即日の振込融資が実行されることもあります。

 

 

即日融資 審査通過後はいつでもキャッシングOK

プロミスの審査時間を早くするために
プロミスは申し込んだその日に即日融資を受けることができます(平日14時までにWEB契約完了が必要)。なお、カードは後日郵送されるか無人契約機で受け取ることもできます。カード発行を受ければ、それからは24時間いつでもコンビニでキャッシングを受けたり返済することが可能になります。

 

ここを間違えると審査が遅くなる

ただし、注意しなければいけないことは申し込みの際に以下のような間違いをすると審査に時間がとられてしまうということ。急いでいるときこそ慎重に冷静になりましょう。

住所や電話番号を正確に書く

よくあるのが、住所の間違い。特に郵便番号、番地の間違いが多いそうです。間違いがあると確認に時間がとられて審査が遅くなりますし、あまり間違いが多いといいかげんな人と判断されて審査に影響するかもしません。WEBで送信前に3回は目を凝らして再確認しましょう。

 

他社利用件数は正直に申告する

有利に審査してもらおうという思いで、他社の借入の件数や金額を少な目に申告してしまう人がいます。消費者金融会社は個人信用情報機関から、あなたがいつどの会社でいくら借入をしたかという情報を調べることができます。ですから、嘘の申告をしてもバレてしまいます。再確認のやりとりが発生して審査が遅くなる原因になります。

 

勤務先を正直に書く

例えば、勤務先を退職したにも関わらず、まだ勤めていると嘘をついてしまう人がいます。しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、嘘はすぐにバレます。これをすると明らかに嘘なので審査が遅れるというより融資を断られる可能性が高いですので絶対にしてはいけません。

 

年収を多めに申告しない

借入金額にもよりますが源泉徴収票を求められるとすぐにバレますし、再確認で時間がかかる原因になります。年収は審査への影響は小さいようなので正直に申告しましょう。

 

必要以上のお金を借りない

一般的に借入希望金額が高い方が審査に時間がかかり通りにくいです。必要以上の金額を借りようとせず、本当に必要な最低限の金額にしましょう。きちんと返済の実績を積んでいけば次にもう少し大きな金額が必要になったとき有利に交渉ができます。

 

 

 

 

 

プロミスでは、正式なお申込みの前に簡単な入力項目でできる「3秒診断」というものを行っています。
まずは、3秒診断をしてみてそれが通ったら本申し込みに進むといいでしょう。

 

 

 

20110516追加 728*90

⇒ プロミスの3秒診断(公式サイト)はこちらから

 

 

プロミスのいいところ

30日間無利息

プロミスをはじめてご利用される方は30日間無利息サービスが受けられます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)30日以内に返済すれば無利息ですし、30日以上借りる場合でも31日目以降の金利しかかからないので大変お得です。

即日融資が可能

申し込んだその日のうちに自分の口座にお金が振り込まれます(平日14時までにWEB契約完了が必要)。

 


レイク 審査時間 レイクでお金を借りるとき審査時間って気になりますよね。早く審査してもらうために必要なことは?
モビット 審査 モビットに申し込む前に確認しましょう。審査で否決されない為に絶対にやってはいけないこととは?
アコム 審査 アコムに申し込む前に確認しましょう。審査で否決されない為に絶対にやってはいけないこととは?

トップページ お奨めのカードローン 運営者情報